お知らせ

いぼ

尋常性疣贅(イボ)の患者さんへ

イボの正式病名は、尋常性疣贅(じんじょうせい ゆうぜい)といいます。
ウイルス(ヒューマン パピ ローマ ウイルス)による伝染性疾患です。(水イボとは異なります。)手、足、顔などにできることが多いですが、全身のどこにでも出来ます。 ご本人の中で、他の部位に伝染して多発する事もあります。また、他の人から伝染したり、他の人にうつしたりします。(イボのウイルスに対する抵抗力が出来て自然に治る場合もあります。)

 治療は、冷凍凍結療法(液体窒素)などで焼くのが一般的です
この治療は、やけどと同じ原理なので、必ず痛みをともないます。その後、水ぶくれが出きて、水ぶくれがカサブタになり、1〜2週間後に、イボがカサブタと一緒に取れます。
痛みと水ぶくれの程度は、人により様々です。通常、痛みは治療後1〜2日で改善しますが、治療後2時間程度でおさまってしまう軽度の方から、1週間以上続く方、足では歩けないほどひどく痛む方まで様々です。同じように治療しても、水ぶくれの全くできない方から、大きな水ぶくれ(血まめ)のできる方もいます。

 通常1〜2週間後に来院していただきます
しかし、痛みの強い方、大きな水ぶくれが出来て心配な方は、早めに(翌日でも)来院して下さい。水ぶくれはイボが治っていくサインと考えられますが、水ぶくれがつぶれてしまったら、化膿しないように消毒して、ガーゼで保護しておくのがよいです。

 小さいイボは一回の治療で治ることもありますが、大きなイボ、多発しているイボでは数回以上の治療が必要です。外見上は取れたと思っても、まだウイルスが残っていると後で再発しますので注意して下さい。

 また、イボのウイルスに対する抵抗力をつけるために、ハトムギエキスなどの内服薬を併用すると効果的です。その他の治療方法もあります。

お大事にして下さい。 医療法人 さくら皮フ科

皮膚疾患一覧に戻る