お知らせ

漢方医学について(証の決定)

 漢方医学は、西洋医学とは全く別の医学体系(診察、診断、治療)を持っています。とくに、現代の西洋医学では十分な満足が得られないとき、西洋医学的治療法はあるが副作用が問題なときに、漢方医学は役立ってくれます。
にきび、乳児湿疹、アトピー性皮膚炎だけでなく、風邪、のぼせ、冷え性、虚弱体質、慢性便秘、鼻炎、生理不順、めまい、膀胱炎などで有効です。
劇的に効く時もあれば、ゆっくり体質が改善され効いてくることもあります。

 また、漢方医学は実践の医学です。多くの理論体系がありますが、漢方医学的な病態である「証」を把握しなければ、臨床に役立ちません。
「証」を決めるためには、漢方医学独自の診察(望診、聞診、問診、切診)を正確に行うことが大切です。その中でも、問診、舌診、脈診、腹診が重要です。
中国漢方と違い日本漢方(古方派)は、腹診を重視します。
腹診から、陰陽・虚実の証空間だけでなく、お血(瘀血)など気血水の異常を掴むことが出来ます。当医院の医師は、京都高尾病院、神戸尼崎病院東洋医学科・東洋医学研究所、九州飯塚病院東洋医学センター等で腹診、舌診等を勉強しました。現在、古方派(傷寒論・金匱要略)を基本として、皮膚疾患では欠かせない五臓(五行説)にも配慮しています。

 「証」は、人間を構成している気血水、陰陽・虚実、五臓などから決定されます
例えば、気が衰えて「気虚」になれば、疲れやすく、風邪をひきやすく、冷え性になります。人参湯などで胃腸の機能を高め、体を温めてあげれば、体力もついてきます。胃腸が丈夫になれば、肺、皮膚も丈夫になります。
(注意:気虚の方剤(薬)に10種類以上あります)
また、血液のとどこおり「お血」(瘀血)あるとニキビが出来やすくなります。
桂枝茯苓丸などで「お血」を解消してあげると、血液の循環が良くなり、ニキビが改善されます。同時に便秘や生理痛も改善します。
(注意:お血を治す方剤も10種類以上)
また、体の一部(ときに全身)に水がとどこおり「水滞」があると、めまいや浮腫や膀胱炎やジクジクした湿疹が出来やすくなります。猪苓湯という利水剤(清熱作用もある)で、膀胱炎だけでなく湿疹がよくなることがあります。
(注意:水滞を治す方剤も20種類以上あります)
仕事のストレスで疲れきっているのに眠れない方に、柴胡桂枝乾姜湯などの柴胡剤などをあげると眠れることがあります。
(注意:柴胡剤も10種類以上あります)
 さらに、五臓の一つの「肝」の失調で、イライラして怒りっぽくなっている方に、加味逍遥散をあげると、精神が安定するだけでなく、生理痛が軽くなったり、顔面の紅斑が改善します。 (肝の失調を治す方剤も数種類あります)

 漢方薬は、数種類の生薬が配合されて一つの方剤(薬)になっています。当医院で使用している方剤は100種類以上です。その中から患者さんに一番適切な薬を選択するためには、お話(問診)だけでなく漢方医学的に診察(腹診等)をして「証」を決める必要があります。漢方医学の診察により、漢方医学的な患者さんの病態「証」が決まれば、自ずと方剤(薬)も決まり、症状が改善されてくる原理です

 以上のように、
西洋医学的には膀胱炎などに効果がある漢方薬(利水剤)が皮膚疾患に効いてくれることもあります。
胃腸を整える薬(脾虚を補う方剤)で、皮膚がきれいになってくることがあります。
逆に、皮膚疾患に効く漢方薬で、長年の頭痛が治るといった思わぬ効果が出て患者さんに喜ばれることも少なくありません。
つまり、漢方医学は、西洋医学体系とはまったく別の治療体系をもっているのです。

もちろん、漢方医学といっても万能ではありません
また、薬である以上、副作用も少ないながらあります。

当医院では、漢方医学と西洋医学のそれぞれ良い点をとって、少しでもよい治療を患者さんと一緒に探していきます

 

 

漢方外来一覧に戻る