お知らせ

ぬり薬、飲み薬の注意点

ぬり薬(外用薬)

1日2回をめどにぬります。
症状のひどいときは1日3回ぬって下さい。
効果は、一般に3、4日で出ます
また、どんな塗り薬でも相性が良くないとかぶれます。
100人中3、4人の方が、塗り薬でかぶれます
薬を塗ってかえって、かゆみが増したり、ヒリヒリしたり、赤くなったり、ただれたりしたら、塗り薬を中止して、早めにご来院ください
また、塗り薬が弱くて効果が出ない場合も早めにご来院ください。
診察後、ぬり薬を変更して調整いたします。

飲み薬(内服薬)

どんな薬にも副作用がありますが、
かゆみ止め、アレルギーをコントロールする飲み薬は、眠くなる可能性があります
10名中1〜3名位の方が眠くなります。ねむけの程度は人により様々です。
まったく眠くない人もいれば、
ふらついたり、眠くて体がだるくなり日常生活に支障をきたす人もいます。
ねむけなどが強い場合は、飲み薬を中止するか、夜だけ、かゆい時だけ飲んで下さい。
ねむけが強い場合は、車の運転などは避けて下さい。
その他の薬でも、
飲み薬で、おなかの調子が悪くなったり(腹痛、下痢、吐き気など)、
体の調子が悪くなった場合(頭痛、めまい、動悸など)は中止して下さい
飲み薬の効果がない場合も、早めにご来院ください。ねむけの少ない薬もあります。
次回の診察で、飲み薬を変更して調整いたします。

※患者さんへのお願い:
1.受付で処方箋を受けとった時、お薬の内容の確認をおねがいいたします。
2.不明の点がありましたら、受付事務員にお申し出下さい。
3.薬局で受けとったお薬で不明の点は、薬局の担当者にお申し出下さい。
4.初診の方は、薬の効果を確認するため1週間以内に必ずご来院ください
1週間で十分効いて終了できる場合、減量が必要な場合があります。
1週間で十分効いて終了、中止してよいのに塗り続けて、副作用が出る場合があります
1週間で効果がなく、他の薬に変更が必要な場合があります。
必ず1週間以内にご来院下さい
5.再診の方も定期的にご来院ください。

お大事にして下さい。 医療法人 さくら皮フ科

内服薬・外用薬について一覧に戻る